【結婚情報サービス】比較研究所
対決

  • 【インターネット系結婚情報サービスの大手「ブライダルネット」】
    VS
    【結婚情報業界唯一の上場企業「ツヴァイ」】

トップ同士の注目の対決!その勝敗は・・・

ブライダルネット
  ツヴァイ
6,888人(55:45) 会員数 約40,000人(48:52)
10,500円 入会金 30,000円
年間31,500円〜42,000円
月会員の場合、月額3,150円
会費 年間295,500円(一年目)
二年目以降は年間88,200円
なし 成婚料 なし
・20歳以上の独身者
・男性の場合、定職に就いている
入会資格 ・男性:独身20歳以上 定職、定収入
・女性:独身18歳以上
(学生の場合20歳以上)
自宅のPCを使い会員専用ページから閲覧できる 写真公開 写真を確認するときはツヴァイ本社・支社・オフィスまで行かなければならない
携帯でサイトを見る事は出来ないが、メール転送機能がある 携帯サイト あり
非会員も参加もOK
年間400回程度
パーティー
開催
会員限定
年間1600回
33項目 プロフィール
項目
- -
デモ検索が可能 お試し検索 なし
年間108名まで申し込み可能 紹介人数 年間48名(48名以上の場合は別料金)
入会金(10,500円)無料など キャンペーン 10%OFFなど
セキュリティ
サポート

判定ポイントは以下の3点

@会費について

気になる会費についてはブライダルネットが年間42,000円(女性の場合は31,500円)なのに対してツヴァイは年間295,500円7倍以上の値段。※ブライダルネットには月額3,150円で活動できる月会員コースもある。

A異性会員の写真について

交際を申込む、または申込まれた際、ツヴァイではわざわざ営業所まで出向かなければ相手の写真を見る事が出来ない。それに比べブライダルネットは自宅のPCから会員専用ページにログインするだけで相手の写真を確認することが出来る。

B出会いについて

両サービスとも出会いのきっかけにカップリングパーティーを開催している。パーティー開催数はツヴァイのほうがブライダルネットの約4倍の開催数となっているがこれは事業規模の違いによるものなので、一様に多いから良いとはいえない。パーティーの内容を見てみるとブライダルネットのパーティーは一般の人(会員ではない人)も参加できるようになっており、会員同士に限らず広く出会いのチャンスを提供している。一方ツヴァイのパーティーに参加できるのはツヴァイ会員限定となっており、悪く言えば閉鎖的なパーティーである。

以上、結婚情報サービスに必要な項目から判断すると、
この対決・・・・ブライダルネットの勝利!